• こちらでは各魚種における基本的なタックルを紹介しておりますが、好きなスタイル、得意なスタイルなどそれぞれお好きなタックルで釣りを楽しんで頂けたらと思います。
  • ご希望されるガイドコースのタックルについて分からないことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

シーバス

  • オープンエリアでの攻略がメインとなってくる博多湾ボートシーバスでは、スピーディーに広範囲を攻めれる鉄板バイブが有効。
  • また、スピンテール系もシーバスの活性が低いときやマイクロベイトパターンの時に有効です。
  • ロッドは通常の陸っぱり用でも大丈夫ですが、釣り座が低く、範囲も限られているボートでは7~8ftまでのロッドの方が扱いやすいです。
  • ~おすすめルアー~
  • 鉄板バイブ:IP-26(コアマン)・アイアンマービー(エバーグリーン)
  • スピンテール:PB-26(コアマン)
タックル_シーバス

タチウオ

  • フォールでのアタリが取りやすいベイトタックルがおすすめです。
  • ジグはサイズが小さいと丸呑みされるリスクも高くなるので、80g前後が良いです。
  • ~おすすめルアー~
  • 安いやつでOK。
  • カラーは、パープル・グロー・ゴールド系
タックル_タチウオ(ベイト)

SLJ(スーパーライトジギング)

  • 専用のSLJ・ライトジギングロッドがおすすめですが、シーバスロッドやエギングロッドでもOKです。
  • ジグのウェイトは60gをベースに、前後の40g・80gも揃えてもらうとベストです。
  • イサキやタイなどを狙いたいときは、タングステン製のメタルジグにリアフックも装着して下さい。
  • ~おすすめルアー~
  • TGジグ:TGベイト(ダイワ)・ドラッグメタルキャストTG(DUO)
  • 鉛ジグ:ウォブリン(スミス)
タックル_SLJ

ジギング

  • ロッドは200gまでシャクれるもの、リールはPE4号を300m巻けるものを準備下さい。
  • 近海エリアでのジギングとなるので、ジグのウェイトは100~150gが基準です。潮が速いときは180g、1~2月の厳寒期は60~80gの軽いウェイトやタングステンが活躍することもあります。
  • ~おすすめルアー~
  • ジグ:CBマサムネ(スミス)・MMジグ(ダイワ)
  • TGジグ:TGベイト(ダイワ)
タックル_ジギング

タイラバ

  • 専用のロッド、リールがおすすめです。
  • 基本的にドテラ流しでの釣りとなります。
  • タイラバは80~100gをベースに、前後の60g・120gがあればOKです。
  • また、夏場などはフグなどによりネクタイの消費が激しくなる場合もありますので、ネクタイは余裕をもって準備下さい。
  • ~おすすめルアー~
  • フリースライド(ハヤブサ)
タックル_タイラバ

ティップラン

  • 繊細なアタリを取るには専用のタックルがおすすめです。
  • ラインは細い方が有利に働くことが多いので、PE0.6号・リーダーは2号前後が良いです。
  • エギはティップラン専用エギの30gをベースに、追加シンカーとして10・20・30gを準備して60gまで対応できるようにしておくとOKです。ちなみに、5g単位で刻むとベスト。
  • ~おすすめルアー~
  • エギ王TR(ヤマシタ)・エメラルダスボートⅡ(ダイワ)
タックル_ティップラン

イカメタル

  • 専用のタックルがおすすめですが、タイラバ、テンヤロッドでもOK。
  • デイイカメタルの場合は、底ベッタリの攻略となるので、スピニングタックルで大丈夫です。
  • 鉛スッテは15~20号(60~80g)、ドロッパーとして使用するスッテは3号前後を準備下さい。
  •  
タックル_イカメタル(スピニング)
タックル_イカメタル(ベイト)

ロックフィッシュ

  • 基本的にベイトタックルの方が圧倒的に扱いやすいです。ロッドは専用ロッドもしくは、テキサス・ラバージグ用バスロッドなど硬めのロッドがおすすめ。
  • ジグヘッドリグなどでの巻きの釣りではスピニングタックルでOK。
  • 水深は15~30m前後での釣りになるので、シンカーはタングステンの28~56gのテキサス・フリリグシンカー、ワームは4~5インチのホグ系、シャッド系を準備下さい。
  • ~おすすめルアー~
  • シンカー:フリリグシンカータングステン(フィッシュアロー)・タングステンバレットシンカー(スタジオ100)
  • ワーム:バグアンツ(エコギア)・チャンクロー(ジャッカル)など
タックル_ロックフィッシュ(ベイト)
タックル_ロックフィッシュ(スピニング)